うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病の人の薬の服用は家族が確認


★家族が薬の服用を管理しよう

抗うつ薬は、薬の種類によっては1日にのむ回数が違うものがありますので、患者さんだけに任せていたら、間違った回数で薬をのんだり、あるいは薬をのまなかったりすることもあるので、家族がチェックしておく必要があります。



あまり重症のときは、薬をのむ元気さえ出てきませんので、本人了解のもとで家族が薬を管理し、必要の都度手渡して、薬をのむのを確認することが大切です。

患者さんによっては、心の病気を認めたくないために、薬をのまなかったり、あるいは副作用が強いために量を勝手に減らしたりするケースがありますが、薬を一時的にも中断しますと、一から再出発となりますので、処方された薬はきちんとのませましょう。

★薬の副作用などは医師に伝えましょう

医師は患者さんの症状とか臨床経験をもとに、薬を処方し、その後の経過を見ながら薬の量の調整とか、薬の種類の変更などを試していきます。

もちろん、患者さんの診察を通じて、ある程度分かりはしますが、やはりすべてを話さない場合もありますので、家族の方が薬の効果であるとか、副作用について、知っていることがあれば、担当医に情報を提供するのも良いでしょう。

患者さんが薬をのみはじめてから、どのような副作用が現れたか、あるいはどのように症状が変化したかなどを説明しましょう。

患者さんの診察の時には、患者さんからは、「薬はあまり効いてないよう思う」と言うこともありますが、家族からは「顔色もだいぶ良くなってきて、朝も起きれるようになった」とか「声に張りも出てきて、少し外出するようになった」という声もあり、家族が体調の変化に気づくことが多いのです。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.