うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病の人に対する世話の焼きすぎも厳禁


★ やさしい看護は逆効果

うつ病も、重症時のときは、患者も一人でいるのが不安で仕方がないような気持ちとなっていますので、そういうときには、家族がしっかりと寄り添って看病をしてあげるの必要があります。



ただし、ある程度良くなりますと、必要以上に世話を焼くことはうつ病を長引かせる結果になることもあります。

だいたい昔から「親しい人に看病をさすな」といわれていますが、どうしても看病が行き過ぎますと、食事の支度から下の世話まで、自分でやることがなくなり、治るよりも治らないほうがラクができるということで、病気の治癒を遅らせる原因になるものです。

うつ病も同じで、治るか治らないかは、患者さんが自分の力で問題を解決する力を養うことができるかどうかにかかっています。家族が必要以上に何かもめんどうを見ますと、患者さんはその状態に慣れてしまって、このままでいるほうが都合が良いと思うようなります。
そうなると、いつまでもうつ状態から抜け出せなくなるものです。

★ 患者さんがほっとする気持ちを与えよう

特に患者さんにどうこうしようと思う必要はなく、自然体で接するようにするのが一番良いです。そしてつねに念頭に置いておかなければならないのは、患者さんの気持ちに安らぎと安心感を与えることです。

もし、患者さんが、「今日はどうも頭が痛くてしんどい」とか「朝が起きれないので今日は一日中寝ていたい」というようなことを言いましたら、「ゆっくり休んだらいいよ」と言ってあげればよいのです。
このように、あっさり容認をしてあげれば、患者さんの気持ちはどれほどラクになることでしょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.