うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOPうつ病はどんなことが原因でなるの?身近な家族の死が原因となる「喪失うつ病」
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう



身近な家族の死が原因となる「喪失うつ病」


★落ち込んだ状態が何ヶ月も続く場合

私たちは身近な近親者、たとえば配偶者や子供が亡くなれば、誰だって気が沈んでうつ状態になるものです。



ただ、食欲が減少し睡眠も十分取れず、気が沈み元気がなくなるといっても、いつまでも続くというわけではなく、やはりそこは日々薬(にちにちぐすり)があるように、どんなに深い悲しみであっても、日が経つにつれて自然と悲しみが薄れて正常な状態に戻るものです。

ところが、2ヶ月以上経っても、悲しみが言えず、うつ状態が続く場合があり、そうなりますと、「喪失うつ病」といわれる状態です。

なかには、愛する人が亡くなった時点では、それほどの精神的な落ち込みがなかっても、その悲しみを深く心の底にしまっていた人は、その悲しみが鬱積して吐き出すことができないため、何年か後にうつ病になることもあるようです。

★悲しみが強いと後追い自殺ということも

愛する人が亡くなったときの悲しみが極度に強い場合には、後追い自殺の可能性も否定できません。

親しい人の死によって起こる自殺願望は、「悲しみに耐えかねて・・・・」というよりも、「あの人と同じところへ行きたい」という積極的な気持ちが働きますので、自殺を遂行する確率も高いようです。

また、「あの人の声を聞いた」とか、「あの人が立っているのが見えた」というような幻聴とか幻視の状態が起こるようであれば、早めに専門医に見てもらいましょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.