うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOPうつ病はどんなことが原因でなるの?認知症と間違われやすい「老年期うつ病」
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう



認知症と間違われやすい「老年期うつ病」


★体の不安から、重い病気だと思い込む

高齢になると家に閉じこもることが多くなるため、孤独感にとらわれます。ひとりきりりのときに倒れたらどうしよう、などと死への不安や恐怖も強くなってきます。それらが心理的ストレスとなって起こるのが、老年期うつ病です。



老年期うつ病の特徴は、身体的名症状にとらわれやすいことです。おなかがつねにゴロゴロする、食欲がない、下痢をする、動悸が治まらない、夜中に目が覚めて朝まで眠れないなどの症状を強く訴えます。

なかには、とくに異常はないのに、これは重い病気に違いないという妄想を抱き、あちこちの病院を診てもらっている人もいるようです。

もう一つの特徴は、ときに認知症と同じような症状が現れることです。物忘れや勘違いがひどくなったり、時間や状況をよく把握できなくなることがあり、これを「仮性認知症」と言われるようです。

しかし、うつ病によるこれらの症状は認知賞とは基本的に違います。認知氏を右派、脳が萎縮するために怒る脳機能の障害で、残念ながら現段階では完治することは見込めません。

うつ病の場合は、抗うつ薬や環境の調整でよくなっていきます。「年だからボケが始まったのだろう」などと思わないで、うつ病か認知症かを見極めて、適切に対処することが大切です。

とくに、体の病気があって薬を服用している人は、抗うつ薬の選択には専門的な知識が必要になります。

★老人性うつ病と認知症との違いは

認知症は、数年前から物忘れがひどくなり、そのうちに自分の名前も子どもの顔も忘れてしまうというように、経過がゆっくりしているのがふつうです。
うつ病の場合は、比較的短い期間で、物忘れや勘違いが激しくなります。

さらに、うつの人は、「最近、物忘れがひどくなった」「ボケが始まったのだろう」などの不安を強く持ちますが、認知症では、物忘れのがひどくなったという自覚がないので、気に病むようすは見られません。

ただ、年齢的にいって、始まりはうつ病でも、やがて認知症に移行する人もいるため、判別が難しいこともあるようです。その場合は、MRIやCTで脳の状態を検査して、さらに詳しく調べるといいでしょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.