うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


薬は主治医の指示に従うこと


★主治医を信頼して指示に従う

思うように症状が改善しないと、気持ちだけ先走って焦りが生じ、心も不安定になります。そうなると、「いくら薬をのんでも治らないのではないか」と、疑心暗鬼に陥り、薬に不信感を抱くようになり、思い悩む人がいます。



うつ病を改善するための抗うつ薬は、ある程度使い続けなないと効果が現れません。抗うつ薬は、脳内の神経伝達物質の量を正常に戻すのが役割で、うつ病の症状に直接的に働きかけて治すというものではありません。

ですから、仮に症状は消えたとしても、神経伝達物質のバランスはまだ不安定なので、ここで服薬を止めると、かえって症状が悪化することがあるようです。薬は定められた量、かつ定められた回数を守ることこそ、最大の効果を発揮します。


★自分で治ったと思っても勝手にやめないこと

薬の効果は1ヶ月ぐらいで現れますが、そこで服薬を中止するわけではありません。

うつ病の治る期間は、人によってバラバラで一律に何ヶ月で回復すると断言できるものではありませんが、一般的には、患者さん自身が「自分で感情をコントロールできるようになった」と感じてから、半年ぐらいは薬をのみ続ける必要があります。

これには再発防止の意味もあります。
その間は、症状によって薬の量を調整したり、種類を買えることがあります。薬を止める時期については、医師に任せて指示通りされるのが良いでしょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.