うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病は休んでストレスから解放されることが治療


★ストレスから離れよう

うつ病はストレスで、心も体もボロボロになって全身が疲れきった状態ですので、診断が下されたら、何はともあれ休みを取りましょう。



現在の環境から離れてゆっくり休養をとることが治療の第一です。
うつ病の患者さんは責任感が大変強いため、自分から進んで休もうとする人は少ないですが、そのまま仕事を継続して頑張りますと、うつ病の治りが遅くなるだけでなく悪化することも考えられます。

まずは、ストレスを減らすためにも、休養が治療にとっては一番大切なことです。


★仕事のストレスが原因なら休職も考えよう

家庭の事情が原因でなることもありますが、明らかに仕事がきっかけのケースでは、会社は休んだほうが良いでしょう。

休むと、「同僚に迷惑をかけるから」、あるいは、「会社での評価が下がるのではないか」、あるいは「二度と会社に戻れないのではないか」と思って遠慮する人がいますが、うつ病ははっきりした病気ですから、まずは遠慮せずに1週間程度休んでみることです。

目的は病気の治療ですから、主治医が休職を指示したと伝えればよいでしょう。

これだけでも軽い症状の人はストレスが減って、気分がすーっとしたという人もいます。
最近は、会社側も過労死などの問題もあって、仕事を継続してやらせることに慎重になっていますので、柔軟に対応してくれるでしょう。


★すべては他人に任せてみよう

うつ病になる人は、他人に仕事を任せたりできず、自分で抱え込んでしまう人が多いので、うつ病の治療期間中は、身の回りのこと以外は、仕事も家庭のことも他人に任せることです。とりあえず、心も体も身軽になりましょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.