うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病の人は薬の副作用を理解しよう


★副作用をいたずらに心配しないこと

抗うつ薬にはいくつかの種類があり、お医者さんによっていろいろと使い分けられているようですが、種類と量によっては、不快な症状を伴うことがあるようです。



抗うつ薬は服用後、効果が現れるまで1ヶ月程度かかり、1ヶ月を経過するまでに大半の症状は消失して薬の効果を実感できるでしょうが、抗うつ薬の副作用は服用後すぐに現れます。つまり、最初の1週間余りは薬の効果は感じられず、副作用のみが目立つということもあります。

抗うつ薬の副作用として多いのは、口の渇き、かすみ目、めまい、便秘などです。また吐き気や排尿困難を感じる場合もあります。

抗うつ薬の副作用のほとんどは一過性のもので、自然に消えていくことが多いものですが、なかには我慢できないほどの副作用が出て、体調が悪くなったように感じる患者さんも多いのです

そのようなときは、量を減らしたり、副作用を緩和する薬をいっしょに処方したり、あるいは薬の種類を変えるという方法もあります。
副作用に驚いて黙って服用を止めたりしますと、医師は薬の効果を把握できないばかりか、思わぬ症状が出る場合もありますので、自分の判断で薬の服用を中止せず、必ず医師に相談しましょう。


★薬をのんでいる間は禁酒が大切

抗うつ薬を服用しているときにアルコールをのむと、予期しない副作用が起こる危険性もあります。幻覚が出たり、場合によっては記憶が飛んでしまうこともありますので、治療中は原則的にお酒を飲まないことです。

仕事を続けながら治療する場合の薬は?
●抗うつ薬のタイプや患者さんの相性によっては、服用すると眠気が強く出たり、判断力が鈍る場合があるようです。

●そのため、仕事や勉強に支障をきたす場合もあるので、仕事などを続けながら治療する場合は、薬を変えることもあるようです。症状や副作用の程度によっては、漢方薬を併用することもあります。

●生活の状況が変わる場合は、医師にそのことを告げ、薬の種類や量を変更する必要がないかどうか確かめましょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.