うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOP現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?うつ病は神経症や自律神経失調症とどう違うの?
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病は神経症や自律神経失調症とどう違うの?


★ うつ病と自律神経失調症との違い


本来の自立神経失調症は、ストレスが原因となって、自律神経のバランスが乱れて起きる病気で、心身症に含まれます。




症状としては、めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多いようです。

自律神経失調症にはさまざまな症状があり、どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれであり、そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、症状は実に多岐に渡っているようです。

いろいろな身体症状が現れる点ではうつ病とよく似ていますが、うつ病特有の気分の落ち込み、意欲低下などの抑うつ症状はほとんどないか、あってもそれほど強くはないようです。

うつ病の場合は、午前中に気分の落ち込みが強く、夕方にかけて元気が出てくる「日内変動」がよくみられますが、自律神経失調症ではそれほど多くはありません。

このため、内科等の診療科で自律神経失調症と診断されましても、気分の落ち込みがいつまでも続くようでしたら、「うつ病」ということも考慮する必要があるでしょう。


症状  うつ病 自律神経
失調症
身の回りのこともでないほどの疲労感 強い さほど強くない
イライラ・不安 強い あるとは限らない
悲しい、むなしい 強い 弱い
朝が最も落ち氷見が強い 強い はっきりしない
意欲の低下、無気力 強い 弱い


★ 神経症との違い

神経症は、強い不安や恐怖を主な症状とする心の病で、「不安障害」とも言われています。
これには、日常生活のささいなことに強い不安を抱く「全般性不安障害」、高所や閉所、尖ったものなどを極度にこわがる「恐怖症」、人前で緊張したり赤面する「社会不安障害」、呼吸困難や動悸などに突然襲われる「パニック障害」があります。
不安障害のある人は、うつ病を併発しやすいといわれています。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.