うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOP現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?病気やケガ、持病からうつ病を招きやすい
うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

新型うつ病とはどんな病気ですか?

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

うつ病診断

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


病気やケガ、持病からうつ病を招きやすい


慢性病は別として、普段から健康で体に自信があった人が、急に病気になったり、あるいはケガをして入院するようになると、それをきっかけにうつ状態になるケースがあります。



健康に強い自信を持っているほど、その傾向が強くなるもので、今まで経験したことがないような入院や手術の苦痛に加えて、将来のことなども気になり、心細さや不安がつのって気分が落ち込んでいきます。

特に健康に自信があり、精力的に仕事に取り組み、会社ではリーダーシップを発揮してバリバリ業務をこなしていたのが、病気で入院でもするようになると、孤独感とか社会からの疎外感などもあって、いっそう落ち込みやすくなります。

また、高齢者の場合にも、歩行困難になったり、寝たきり状態が続きますと、うつ的状態に陥ったりします。
糖尿病や高血圧、あるいは心臓病などの慢性疾患を抱えている人も、病気への不安から、うつ病を発症しやすくなります。
現在、日本のうつ病の人数は、全人口の3パーセントといわれていますが、慢性疾患のある人は、その2倍の率程度になるようです。

こうした慢性疾患は内科で治療を受けることになりますが、精神症状が強くみられる場合は、内科の主治医の了解を得たうえで精神科も受診しましょう。

うつ状態がひどくなると、薬をきちんと飲むことができなかったり、リハビリテーションに支障をきたとたりして、症状が悪化する場合があります。

内科だけの治療ではじゅうぶんな精神的ケアは受けにくいので、体と心の両面から治療する必要があるでしょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.