うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOP現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?気分変調性障害は「軽いうつ病」と誤解されやすい
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


気分変調性障害は「軽いうつ病」と誤解されやすい


うつ病と気分変調性障害は、基本的に違う病気です。

気分変調性障害は、思春期や青年期から始まることが多く、憂うつ感や意欲の低下などの抑うつ気分に加えて、不眠、食欲不振などの症状が現れます。症状そのものはうつ病ほど重くはありませんが、同じような状態が2年以上続くのが特徴のようです。




無理をすれば、ふつうどおりに社会生活を送ることができるため、本人は病気でことになかなか気づきません。いつの間にか、「これがふだんの自分の状態だ」と思い込んでしまう人もいます。

そのようなことから、気分変調性障害はうつ病の軽い状態と思われがちですが、たとえようのない症状がダラダラと2年以上続くのですから、けっして「軽い」とはいえないでしょう。

うつ病も気分変調性障害も、心を病んでいるという点では同じです。
症状そのものはひどくなくても、治療をしないといろいろな問題が生じてきますので、医師の診断を受けましょう。


うつ病と気分変調性障害の違い
★大うつ病
抑うつ気分か興味の喪失のどちらかの症状を含めて5つ以上の症状が毎日、2週間以上続いていて、日常生活に支障をきたす
●体重が減った
●おもしろくない
●憂うつ
●死にたい
●眠れない
★気分変調性障害
(判定の主な目安)
@ほぼ毎日憂うつ感や焦燥感がある状態が、2年以上も続いている
A上記の期間中、食欲減退、睡眠障害、気力の低下または疲労感、自尊心の低下、集中力の低下や決断困難、絶望感などのうち、2つ以上が継続的に続いている






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.