うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOP現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?うつ病は「大うつ病」と「気分変調性障害」に分けられる
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病は「大うつ病」と「気分変調性障害」に分けられる


★原因だけでは、うつ病は分類できない

うつ病の原因には、さまざまなファクターがあり、うつ病を原因で分けるのは困難と言われています。



うつ病を原因によって、
●内因性(遺伝的素質、性格傾向が原因)
●心因性(社会的、心理的ストレスが原因)
●身体性(脳の病気やその他の身体疾患が原因)
に分ける方法もあるようですが、なかなか簡単には線引きができないようです。

現在は、『DSM−W精神疾患の診断マニュアル』という、アメリカ精神医学会が作成した診断基準に基づいて分類するのが一般的になっています。

★「大うつ病」と「気分変調性障害」について

●大うつ病とは

「うつ病の診断基準」
でうつ病の疑いがあると診断された人で、なおかつ、下の4つの条件に該当した人を「大うつ病」と診断すると定められています。

通常は、「うつ病」という場合は、この「大うつ病」を指しています。

@ 症状は混合型エピソード(躁うつ病のこと)の基準を満たさない

A 症状は著しい苦痛や、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能障害を引き起こしている

B 症状は、薬物による生物学的作用や、一般身体疾患によるものではない

C 症状は死別反応では説明しきれない。愛する者を失った後、症状が2ヶ月を超えて続くか、著名な機能不全、無価値感への病的なとらわれ、自殺念慮、精神病性の症状、精神運動制止があるという特徴がある。

●気分変調性障害とは

診断基準を満たさないが、軽い抑うつ症状が2年以上続いている場合は、「気分変調性障害」と診断されます

この二つは、原則として別の病気と考えたほうが妥当です。
大うつ病は薬の効果が現れやすく、気分変調性障害は効きにくいといった違いもあります。
後者のほうがより継続的な治療が必要になりますから、専門的な診断をきちんと受ける必要があるでしょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.