うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
 TOP現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?脳内メカニズムから見たうつ病の問題とは
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


脳内メカニズムから見たうつ病の問題とは


★ 脳内の情報伝達は、次のように行われている

私たちが喜怒哀楽の感情を抱いたり、元気に行動したりできるのは、脳の神経伝達物質が正常に機能しているからです。
ここでは、脳内で情報が伝達されるしくみをかんたんに説明しましょう。
人間の脳は無数の神経細胞で構成されています。



神経細胞同士はシナプスと呼ばれる連結部でつながっており、シナプス間でさまざまな神経伝達物質をやり取りすることで、神経細胞同士が情報伝達を行っています。

脳内で情報が伝達されるとき、このシナプス間隙で、神経と神経をつなぐ働きをしているのが、セロトニンやノルアドレナリンといわれる神経伝達物質なのです。
まず、情報は電気信号となって神経細胞に伝わります。すると細胞からセロトニンなどがシナプス間隙に放出され、次の神経細胞の受容体に結合します。

そこで、情報を伝達すると、神経伝達物質は受容体を離れて、再び元の細胞に取り込まれます。
つまり、神経伝達物質は、神経細胞とシナプス間隙内を循環しているわけです。



★神経伝達物質の量が減ると抑うつ気分に

うつ病を引き起こすのは、この神経伝達物質の量が関係しているという「モノアミン仮説」というのがあります。
3種類の神経伝達物質であるモノアミン(ノルアドレナリン,セロトニン,ドーパミン)が不足するとうつ病を発症するという神経化学上の仮説です。

まだ仮説の段階ですが、なんらかの原因で神経伝達物質の放出量が減少し、神経細胞どうしの情報伝達がうまくいかなくなるために、不安や憂うつなどの抑うつ気分が生まれると考えられています。

抗うつ薬は、神経伝達物質の再取り込みを防いで、シナプス間隙内の神経伝達物質の量を減少させない作用を持っています。
こうした薬を使うと抑うつ症状が改善される例が多いことから、この仮説が支持されているようです。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.