うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


入院治療はどんなときに?


★うつ病で入院するときとは

うつ病の治療は通院するのが一般的ですが、次のようなケースに当てはまる場合は、入院して治療を受けたうがいいでしょう。

通っている病院に入院設備がなくても、主治医に相談すれば別の病院を紹介してもらうことは可能です。



@ 自殺願望が強く、家庭で支えきれないとき

外来で治療を受けているものの、抑うつ症状が進行するばかりで、自殺の危険性が高いと思われるときは、人命保護のためにも入院が必要です。

ことばにすると乱暴ですが、死にたいと思っているような人を放置することはできません。通院の途中で電車に飛び込んだという事例もあるようです。
そうなると多くの人を巻き込むことになり、膨大な迷惑をかけることになりますから、家族が支えきれないと思ったときは、入院をすすめましょう。

A 家庭で休養できないとき

たとえば、手のかかる子どもがいたり、口うるさい家族がいるなど、家では気が休まらないというときは、入院して治療に専念したほうがいいでしょう。
また、単身者で身近に支えてくれる人がいない場合も、ひとりで耐えていると不安が強くなります。
入院すれば、毎日医療スタッフと接触でき、安心感が得られます。

B 症状が重いときや副作用が強いとき

食欲がなくて体が見るからに衰弱している、薬の副作用が非常に強い、体の合併症があって外来では薬物の調整が難しい、という場合も入院の対象になります。

入院治療のメリット
●本人に制約感をを与えない状態でケアできる

●副作用の出方にあわせて、すみやかに薬を調整できる

●身近に医療関係者がいることで不安を減少できる

●体力の低下や食欲不振による衰弱などに対処できる






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.