うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


治療のスケジュールと治癒までの期間は


★週1回の通院を1〜2ヶ月ほど続けると症状は改善

初めは、精神療法・薬物療法を併用しながら、症状がやわらいでいきます。週1回の割合で通院することとなりますが、薬の効果は早ければ服用からほぼ1週間で現れるので、その効果を確かめるためです。



通院ごとに精神症状を見ながら薬の処方を調整していくうちに、ほとんどの患者さんは1〜2ヶ月ごろから症状が安定していくようです。といっても、薬で症状を抑えている段階で、すっかりよくなったわけではありませんから、主治医の指示どおり服薬を続けましょう。

通院は2週間に1回くらいですむようになります。

★よくなっても再発防止のために半年間は薬を飲み続ける

抑うつ気分が改善して、通常の生活が送れるようになっても、最低半年間は同じ量の薬をのみ続ける必要があります。脳の状態は一気に改善しませんから、薬物療法をここでやめるわけにはいきません。

その後、環境調整などがうまくいけば、薬の量は徐々に減らしていき、ほぼ1年くらいで治療が終わるというのが、一般的な治療スケジュールのようです。

気の長い話だと思うかもしれませんが、薬をのみながらでも通常の生活が送れるようになれば治癒は間近ということです。

うつ病治療の最終的な目標は、薬を手放せる状態になることだけでなく、これまでの自分より一歩成長し、同じ過ちを何度も繰り返さないようにすることです。

疲れきった心を回復させるには時間が必要だということをよく自覚し、医師といっしょに治療のゴールをめざし、再発を防ぐようにすることが大切です。

薬物療法の一般的な経過
開始 ⇒ 寛 解 ⇒ 回復 ⇒ 治癒
急性期
(6〜12週間)
継続期
(4〜9ヶ月)
減量期
(2〜6ヶ月)
初日から2ヶ月以内に薬を最大量まで増やしていく 効果が現れてから寛解に至ったあと、も6ヶ月間は最大量を維持する 継続期のあとは、数ヶ月かけて減量していき、中止する
通院は1〜2週間に一度 通院は2週間〜1ヶ月に1回 通院は1ヶ月に1回






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.