うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


抗うつ薬の副作用について心得ておくこと


★薬が体に慣れれば副作用は自然に消えていく

副作用の出方は、服用量やその人の代謝などによっても違ってきます。量が多ければそれだけ副作用が強く出やすいのですが、同じ量でも、人によって体に現れる反応が異なります。副作用は、使ってみないとわからないというのが実情のようです。



副作用はのみ始めた直後に起こることが多く、薬が体に慣れてくるにつれて自然に消えていくことが多いようです。消化器症状などは早ければ服用後2〜3日で、ほかの症状も服用から10日くらいで改善されていくのがほとんどです。

抗うつ薬は、薬の効果よりも副作用のほうが早く現れやすいということを知らないと、「薬をのんだらかえって調子が悪くなった」ち、服用を中断しかねません。

がまんできないほど副作用が強い場合は、すぐ医師に報告しましょう。
耐えられる程度であれば、医師の指示どおり服用しましょう。
多少の副作用より、症状を早く改善させることのほうが重要です。

★抗うつ薬の主な副作用と自分でできる対処法

@ 口の渇き
ガムをかむ、アメをなめる、うがいをこまめにするなどの対処を。水を飲むのも効果的です。

A 便秘
便秘解消には食物繊維の豊富な食品や牛乳が有効といわれますが、抗うつ薬の副作用で起こる便秘にはあまり効果がありません。医師に相談して、便秘を解消する薬を処方してもらうのがいいでしょう。

B 排尿困難
水分を補給しても尿が出にくい、ほとんど出ないというときは、予約日以外でも医師に相談されることです。放置するのは危険です。

C 目のかすみ
薬によっては一時的に目の調節機能障害が起きることがあります。目がかすむときは車の運転や細かい作業は避けましょう。

D めまい・立ちくらみ
起床時や急に立ち上がったときにおきやすいので、ゆっくり行動するようにしましょう。

E 眠気
車の運転は控えましょう。1日1回と指示された薬なら就寝前にのむようにします。昼間も眠くてたまらないときは医師に相談されるのがよいでしょう。

F むかつき・胃もたれ
医師に伝え、つらい場合は胃粘膜保護の薬を処方してもらいましょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.