うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


薬で心身と精神の症状を緩和しよう


★抑うつ気分を取るためには、まずは抗うつ薬を服用

うつ病の治療は、つらい症状を取り除くための薬物療法が用いられます。薬を飲めばすぐ効果が現れるというものではありませんが、しだいに憂うつ感が消え、体が軽くなったように感じられ、意欲も湧いてきます。



不眠や食欲不振などの身体症状にも効果を発揮します。

脳に作用する薬ということで不安を抱く人もあるようですが、適切な量であるかぎり、脳にも体にも障害を残すことはありませんし、中毒になる心配もありません。

ただ、いくらすぐれた薬でも、医師が処方した薬を患者さんが信頼して服用しなければ、効果は現れにくいでしょう。

★効果と副作用を考慮して薬をのむことが必要

抗うつ薬にはいくつかのしゅるいがありますが、いずれも次のような抗うつ作用があります。

@ 不安や焦り、緊張感を取り除いて落ち着かせる
A 落ち込みを解消し、気分を高める
B 思考や行動の抑制を解除し、意欲を湧かせる
うつ病と一口に言ってもさまざまなタイプがありますが、医師はその患者さんにとって最も副作用が少なく、一定期間のみ続けても支障のない薬を処方します。

年齢や合併症の有無などによっては処方できない薬もあります。

処方のしかたは、少量から始めて、一週間後に倍に増やします。

その後は、通院ごとに増量していき、その人に投与できる最大量に達したら、しばらくその量を維持し、病状が改善したら、ゆっくりと減量していくというパターンが一般的なようです。

量に関しては、副作用の程度をみながら調整します。
症状が軽くても重くても、ひどい副作用が出ないかぎり、できるだけ効果的な量を処方するのが原則になっています。

妊娠中の人のうつ病の治療は?
●妊娠中、あるいは妊娠の可能性のある女性は、治療にあたって必ずその旨を医師に槌得てください。

●抗うつ薬に、催奇形性や流産のリスクがあるとは一概に言えないようですが、どんな薬であれ、妊娠5〜6ヶ月を過ぎて安定期に入るまでは服用を避けたほうが安心だからです。

●なお、妊娠初期であっても、抑うつ症状が重い場合は、抗うつ薬を処方することもあるようですが、医師とじゅうぶん相談しましょう。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.