うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


休養期間はどれぐらい取ればいいのか?


★自分の置かれた環境で許される期間、休養を取ろう

うつ病の専門書などには、最低1ヶ月間は休むほうがいい、いや3ヶ月間は必要だなどと、具体的な期間を上げているものもあります。



もちろん、事情が許せるな環境で、仕事や家事を長く休めるのであれば、それに越したことはないでしょうが、仕事を持っていると、なかなか自分の思うようにはいかないものです。

ひとまず、体調不良を理由にして1週間でも休んでみることです。

★体調が少しよくなっても、すぐに元の生活には戻らないこと

一定期間休養をとり、自分ではもう大丈夫と思っても、どのような形で元の生活に戻るかは、主治医と相談した上で決めましょう。

患者さんが職場復帰したいと考えている場合でも、実際には、明らかに睡眠状態がよくないとか、また不安が取り除かれていないときは、いきなりフルタイムで働くのではなく、半日だけのパートタイムから始めるのがよいでしょう。

うつ病という病気は、「これまでのような生き方・考え方では押しつぶされてしまう」いう警告ともいえます。

病気になる前と同じパターンを繰り返したのでは、どうしても再発しやすい可能性が高いです。

自分にがまんや無理を強いる仕事の仕方を改め、人間関係においても、ストレスを溜めない付き合い方を心がけるようにしましょう。

以前と同じことは繰り返さない
●うつ病の治療は、単に症状を取り除くことがねらいではありません。
うつ病を引き起こしやすい自分をセリフコントロールできるようになることが最終目標です。

●患者さん本人が、「うつ病には二度となりたくないけれど、自分の考えは変えたくないし、生活スタイルも改めない」などと思っていたのでは、たとえよくなったとしても、ストレスを受けるたびに再発を繰り返すことになりかねません。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.