うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


うつ病の治療は、休養・精神療法・薬の三本柱が基本


★治療は患者さんの同意を得てスタート

うつ病と診断がつけば、今後の検査や治療方針の説明があり、患者さんが納得すれば同意のものと治療方針がきまります。



意見や質問がある場合は、納得いくまで説明を求めることです。
どんな病気でもそうですが、とくにうつ病の場合は、医師と患者さんの信頼関係が治療の土台と言えるものです。

心を通い合わせることが何よりも大切なことで、不安や警戒心を抱いたまま治療を受けることのないようにすることです。


★初めは、薬をのみながらゆっくり心身を休めましょう

うつ病の治療の三本柱は、休養・精神療法・薬が基本です。

●休養 ・ストレスになっていることから距離をおくために、体も気持ちも休ませましょう。
・軽症であれば、通学や通勤しながら治療をすることも可能ですが、やらなくてもよいことや、自分にとって不都合なことは、この際誰かに頼んで休みましょう。
●精神療法 ・どんなきっかけで、うつ病になってしまったのか、患者さん本人が自分を見つめ、問題点に゜気づくことで、心理的な負担や苦痛を軽くしていくのが精神療法です。
・医師はそのための手伝いをするといってもいいでしょう。
●服薬 ・うつ病には、抗うつ薬による治療が大変有効です。
・抗うつ薬は、脳の神経伝達物質を正常に戻してうつ状態を改善します。薬をのみながら経過をみることです。

環境調整も重要な治療法の一つ
●治療の三本柱に加え、発症の心因となった環境を改善することも重要です。

●休養や薬でうつ状態が改善されても、ストレスの多い元の環境に舞い戻ったのでは、再発の危険性が高くなります。
たとえば、過労でうつ病になった人が、以前と同じように残業や休日出勤を強いられる状況に身をおけば、再発は免れません。

●それを避けるためには上司と相談して、部署を替えてもらうとか、仕事の量を減らしてもらうなどの環境調整が欠かせません。

体の病気がないか、
内科的な検査も行われる
●抗うつ症状には、ほかの体の病気が原因で起こることがあります。

●また、抗うつ薬を使っても支障がない身体状態かどうかのチェックから必要な場合もあります。

●そのため、患者さんの訴えのなかに、動悸や頭痛、腹痛、めまいなでの身体症状が強く現れているときは、内科的検査(血液検査・尿検査・心電図・脳波・頭部CTスキャンなど)を行うことがあります。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.