うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


初診はこんな手順で行われる


★診察はリラックスして

病院によって多少違うでしょうが、大学病院では診察前に質問表(予診表)に記入してもらい、研修医または医学生が簡単な予診を行います。その後、予診表に基づいて担当医が本診を行うのが一般的です。



初めて精神科の診察室に入るときは、不安と緊張感でいっぱいかもしれませんが、医師はあなたのいわばサポーターです。気持ちを楽にして、何でも話されるのがよいでしょう。

本診では、症状や経過を患者さんからさらに詳しく聞いて、現在の状態をできるだけ性格に把握しようとします。

ときには、何年も前の喪失体験などについてたずねることもあります。患者さんのなかには「そんなことと病気とどうして関係があるの?」といった表情をする人もいるでしょうが、疑問に思ったときは、「なぜ、そんなことを聞くの」と逆に質問してもいいでしょう。
医師に遠慮は無用と心得ておきましょう。

★家族から話を聞くこともあります

症状がある程度重い場合は、家族付き添いがいります。
というのは、患者さんが自分の症状をうまく表現できなかったり、実際とは異なることを訴えたりすることもあり、本人の説明だけでは診断が困難な場合があるからです。

そのようなときには、家族の方から患者さんの性格や、以前と変わった点などについて話してもらうと、診察をよりスムーズに進めることができるからです。
ただし、これはあくまでも患者さん本人の意思しだいです。
本人の同意を得ないで、医師が一方的に家族に同席をすすめることはできないからです。

診断書に記載する病名は
医師と患者さんとが相談のうえで
●医師によっては、患者さんとの話し合いで病名を記載することもあるようです。

●うつ病と書いたほうが良い場合は、うつ病と記載するようですが、ほかの病名にして欲しいという要望があれば、患者さんの症状に応じて、「不眠症」とか「抑うつ状態」などと書くこともあるようです。

●もちろん、うその診断書は書けないでしょうが、内容の検討は可能なようです。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?


Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.