うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう



うつ脱出には体内時計を取り戻そう


もともと、昔は、何を頼りに生活リズムを作っていたのかといえば、太陽の光と温熱、そして月の明りであり、それを頼りにした体内時計で鋭い感性と直感を保持し、自分の身を守っていたのです。



現代人にも本来、体内時計が埋め込まれているのに、文明の利器である時計などができたため、自然とそれを頼るようになり、自分の生活リズムさえ体内時計ではなく時計の時間を見て判断するようになり、昔の人が持っていたような体内時計が失われるとともに、野性味や直感を失ってしまいました。

この現象はうつとは無縁ではありません。

体内時計とは、体内に一日のスケジュールが埋め込まれているようなもので、一日の排便から食事、睡眠まで、自動的にコントロールされています。

毎朝ほぼ決まった時間に起床し、ほぼ決まった時間に食べ、ほぼ決まった時間働き、ほぼ決まった時間に就寝する。生活がそんなふうに規則正しいのは良いことです。

体内時計は人間だけでなく、ほとんどの動植物が持っています。

昼間行動する動物は、毎朝だいたい同じ時間に目覚めて行動し、夜行性の動物は、これもだいたい同じ時間に目覚めますが、明け方と夕方、明るさが同じくらいであっても、彼らが朝晩を取り違えることはありません。



人間の体内時計は、動物のそれよりももっと微妙な働きをします。

目覚まし時計をセットして眠った翌朝、ベルが鳴るほんのわずか前に自然に目が覚めた経験は誰にでもあると思いますが、つまり体内時計は、夜通し目覚まし時計とほぼ同じ時間を刻んでいるのです。そして、起きなければならない時間になると、体内のアラームを鳴らして私たちを起こすのです。

また、時計を持っていなくても、「今何時何分ごろだ」と、わずかな誤差で言い当てられる人もいますが、そういう人の体内時計は、機械の時計とほとんど同調して進行しているのでしょう。

体内時計はそれほど微妙なものですが、自然光が完全に遮断され、一日中人工照明が点灯されているといった環境では、体内時計は変調をきたします。

そのためには、朝目覚めるのも、目覚まし時計などではなく、窓の外に聞こえる鶯の泣き声や、あるいは風の響き、日光の強さなどで目覚める訓練をし、できるだけ直感を頼りに目覚めるようにするのです。

これは、目覚めるときだけでなく、ご飯を食べるのも、また睡眠を取るのも、時計を見ずに、体内時計に従うようにするのです。

直感力が働けば、それだけ自然の力を身につけるわけですから、現代病であるうつからも遠ざかるのです。







おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.