うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう



運動の汗は最高のうつ脱出法


だれでも適度な運動量で、気持ちよい汗をかきますと、さわやかな気分転換になりますが、うつ状態になりますと、そもそも運動をする気にならないものです。



ですから、バドミントンとかテニス、あるいは卓球や泳ぎをするような特別な運動よりも、身近にいつでも思いついたときにできるウォーキングなどが最適です。

あまり気張ってやる必要はなく、ちょっと汗ばむ程度でよいのです。
うつ状態も悪くなりますと、いくら汗をかいてもすっきりした気分になるわけではなく、

たとえウォーキングして山の美しい景色を見ても、あるいは美しい夕日を眺めながら歩いても、感心するような余裕はなく、ただ憂うつな気分を抱いたまま歩いているだけです。

ただ、歩いて汗をかくと、疲れてしまうだけかもしれませんが、毎日やっていると、それは別の効果が表れてくるのです。
歩く習慣をつけますと、脚の筋肉で消費される栄養や酸素を送るために、まず血行がよくなり、血液の流れがスムーズになります。

そうなりますと、心臓は全身に血液を送り出して、脳の神経にまで栄養と酸素が十分送られるようになるのです。

このように歩くことで、血液の流れが促進されます。
足は第二の心臓といわれるゆえんです。



つまり歩くことは、足だけでなく全身の血の巡りをよくしますので、偏頭痛や肩こりにも効果があります。

脳にも大量の栄養と酸素が流れ込み、脳細胞を活性化することにつながります。

ですから、はじめのうちは、汗をかいてもスッキリした気分になれなかったとしても、1日1時間程度のウォーキングを続けていると、血液の流れが良くなって、うつ状態は改善されてきます。

ただ、うつ状態のときは注意力が散漫になりますから、交通事故などには十分気をつけなければなりませんが、それにはできるだけ交通の混雑しているような街中は避けて、公園や河川敷などをコースとして選ぶのが良いでしょう。

もちろん、歩くこと以外の運動も同様の効果があり、水泳、テニス、ジョギング、サイクリングなどても良いのですが、うつ状態によっては、そんな気にもならないものです。

いずれにしても、なるべくお金がかからず、楽しんでやれる運動が長続きします。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.