うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病診断
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ病の治療方法を知っておこう
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
新型うつ病とはどんな病気ですか?
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病診断

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

新型うつ病とはどんな病気ですか?

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう



自分の性格の善し悪しと「うつ気分」は関係ない


うつ気分に陥りやすい人は、優しくて気配りができて、相手の気持ちを理解できる人に多いものですが、だからといって、そういう性格が悪いというわけではありません。



暗い人も明るい人も、その人の持って生まれた個性であり、あるいは外向性の人もいれば内向性の人もいるように、どちらの性格のほうが良いとか悪いとかいうものではありません。

個性は善悪とか損得で評価できるものではないのです。

どんな性格の人にも、うつ気分に陥ることはありますが、そんなときに、ふだんから考え方の暗い人は、自分はウツになりやすい性格だと思ってしまい、それがうつの引き金になることがあるのです。

あるいは、すでにうつ状態になっているのに、それを自覚することなく、「自分の性格が暗いからだ」とか「いつも気分が滅入って楽しいことがない」と、自己嫌悪に終始する人がいたりします。

それが極端になると、自殺しようとしたり、実際に自殺してしまうこともあるのです。

ですから、「自分は陰気で嫌な性格だ」とか「人に馴染まず孤独でいつも気分が沈んでいる」と自己判断している人は、それは性格ではなく、うつが原因とも考えられるので、一度精神科医の受けてみることをおすすめします。

うつ病なら治療によって治りますし、気分の落ち込みを軽くすることができます。

問題は、自分がうつだと認識することが大切で、認識することによって初めてうつに立ち向かおうとする気力が湧いてくるのです。

自分の悩みが性格や人間性の欠陥に由来するものではなく、カゼや花粉症のように生理的な由来を持つ病気だと確信することで、辛さをしのぎやすくなります。

いつかは治る、好転するという確信を持つことができるのです。

もちろん、認識をもっただけでうつ気分がなくなるわけではありませんが、どんな病気も診断を下すだけで患者が楽になるはずがないのです。

ただ、そうはいっても治療の第一歩は診断で、診断が確定して、はじめて治療に取りかかることができます。

自分がうつ病だと知らなかった人は、それを知ることによって、闘病の気持ちが生まれ、それまで、なにもかも自分のせいにして落ち込んでいた人が、たたかう相手として、自分のうつ病をみるようになるのです。






おひとりさまの心構えと老後の対策
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエット
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
生活習慣病と疲労ストレスの解消法
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛、結婚、離婚問題の根本的解決法
介護保険の徹底活用
男性心理と女性心理を知ってモテよう
結婚できる女性・できない女性の特徴
ステキな彼の心をつかんで結婚しよう
人相による結婚相手の選び方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
生まれ日で分かる性格診断

◇コーヒータイム
あなたの漢字能力は?

Copyright (C)2014. うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方 All rights reserved.