うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
新型うつ病とはどんな病気ですか?
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
うつ病診断
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

新型うつ病とはどんな病気ですか?

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

うつ病診断

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


第四章 離婚の苦しみ
・うつ中に子供を妊娠【T】


私は二回目のうつ病で休職中に性欲がなかったが、奥さんがどうしても子供が欲しいというので子作りをした。

当初は可愛い女の子が欲しく、産み分けについての勉強をしていた。

そうしたら排卵日の二日前にするといいとか、女性器の中を酸性にするといいとか、ネットに書いてあったので、ピンクゼリーというものをもらいに、婦人科に一緒に行った。



それで説明を受けたが、「ピンクゼリーを使っても女の子が生まれる確率はほぼ変わらない」
と言われた。

それでも、あれだけネットに情報が溢れているのだから、少しは効果があるだろうと期待して使った。
でもそれも期待はずれに終わった。

出てきたのは男の子だったのだ。
やっぱり噂は噂なのか、それとも運がなかっただけなのか、どっちにしろ生まれてきてしまったものはしようがない。

愛情を持って育てるだけだと思っていた。
私が心配したのはうつになっているときに子供を作ってしまったら、子供もうつになるのではないかと思っていた。

うつが感染るのではと思っていた。
その悩みを率直に産婦人科に尋ねるとそんなことはないとあっさりと否定されてしまった。
それで少しホッとしたのを覚えている。


次のページ  ⇒目次に戻る




★四柱推命による水先案内
★人相はあなたの心を映す鏡
★定年退職後の生活とゆとりの老後生活
人の心は見た目で分かる
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
★いい女がいい男を選ぶ時代
★女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
★男と女の恋愛メールテクニック
★婚活の必要性と婚活のススメ
★採用される履歴書等の書き方とポイント