うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
新型うつ病とはどんな病気ですか?
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
うつ病診断
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

新型うつ病とはどんな病気ですか?

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

うつ病診断

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう


第二章 予期せぬ再発
・過食、過眠になる【T】


普通うつになると食欲がなくなって不眠が続くようになる。
しかし私の場合、それは最初の頃だけで、休暇が長引くと過食と過眠になった。




一日中家にいるのに、食欲が湧くのだ。
ご飯を茶碗いっぱいに入れてもまだおかわりする。

日本昔話みたいにもっこりした量を食べた後でまたおかわりしていた。
奥さんがおかずもたくさん作ってくれてそれも全部平らげていた。

奥さんの五倍くらいは食っていたのではないだろうか。
とにかく食べても食べてもまだまだ食べられるという状態だった。
体の調子は悪かったが食欲は昔に比べて増していた。

今考えるとおかしい話だ。
食欲がないのも問題だが、ありすぎるのも問題である。


不思議な気分だが、それでも食べられないよりはマシだと思って、バクバク食べていた。
三ヶ月くらい経った頃、体重計に乗ってみた。

そしたら六十キログラムをオーバーしていた。

六十キログラムというと大したことはないと思うかもしれないが、当時の私の平均体重は五十キログラムだったので、二十パーセント増えたことになる。

 ⇒続き  ⇒目次に戻る





★四柱推命による水先案内
★人相はあなたの心を映す鏡
★定年退職後の生活とゆとりの老後生活
人の心は見た目で分かる
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
★いい女がいい男を選ぶ時代
★女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
★男と女の恋愛メールテクニック
★婚活の必要性と婚活のススメ
★採用される履歴書等の書き方とポイント