うつ病の診断・原因・症状・治療とうつ病の人への接し方に悩む家族、友人、恋人、職場の方へのサポート方法やうつ病克服体験談掲載

Menu ▼
うつ病の人をサポートしよう
うつ病に対する家族のサポートの仕方は?
現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?
うつ病はどんなことが原因でなるの?
うつ病はこんな症状が出たら要注意
新型うつ病とはどんな病気ですか?
うつ病を治療して治すためのヒント
うつ気分になったら脱出しよう
うつ病のワンポイント・レッスン
うつ病診断
「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?
うつ病の克服体験談で生きる力を得よう
うつ病の人をサポートしよう

うつ病の人に対する家族のサポートの仕方は?

現代人に多い「うつ病」とはどんな病気なの?

うつ病はどんなことが原因でなるの?

うつ病はこんな症状が出たら要注意

新型うつ病とはどんな病気ですか?

うつ病を治療して治すためのヒント

うつ病の治療方法を知っておこう


うつ気分になったら脱出しよう

うつ病のワンポイント・レッスン

うつ病診断

「うつ病」と血液型とは因果関係があるの?

うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう

第二章 予期せぬ再発
・変えた主治医に追い出される【U】


そして休職に入るときに診断書を書いてくれるように頼んだ。

私はそのとき、六ヶ月の診断書を書いてくれるように迫った。



しかし、その先生は六ヶ月の診断書は書けないと言われた。

それでも私は引き下がらなかった。

「何とか書いてくれないか、そうじゃないとゆっくり休めない」と。
しかしOK が出ることはなかった。


それで先生と口論になってしまったのだ。
「書いてくれ」
「いや書けない」
そんな押し問答が十五分くらい続いただろうか。

私は怒って「書いてくれないならお金は払えない」と言った。

主治医は「それじゃあ払わなくていい。今日は帰ってくれ」とのことだった。

そのときは奥さんも一緒に診察室に来てくれて二人で話を聞いていたが、奥さんも怒っていて、「あんな先生から診断書を貰う必要はない、先生のくせに感情的になりすぎだ」と言っていた。

しかし、後からわかったことだが六ヶ月の診断書を書いてくれる病院なんて、どこを探してもなかった。

ほとんどの病院では三ヶ月が限界だと言っていた。


それがわかってからもう一度診断書を書いてもらいに行ったが、もう門前払いされた。

最初の契約でお金を払わない人は二度と診察を受けることはできない。
そう同意書に書かされていたのだ。

それがわかって私は青ざめた。

診断書がなければ会社を休むことはできない。
三ヶ月でいいので診断書を書いて欲しいと頼んだが、それを受け入れてはくれなかった。

完全にそのときの主治医を怒らせてしまったのだ。
結果的に私はその病院を追い出されることになる。

仕方なく家から少し離れた心療内科に行って、事なきを得ることとなった。

 ⇒続き  ⇒目次に戻る





★四柱推命による水先案内
★人相はあなたの心を映す鏡
★定年退職後の生活とゆとりの老後生活
人の心は見た目で分かる
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
★いい女がいい男を選ぶ時代
★女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
★男と女の恋愛メールテクニック
★婚活の必要性と婚活のススメ
★採用される履歴書等の書き方とポイント